家庭教師シニア本部 スタッフからのメッセージ

勉強の一歩は気から。

(カテゴリ:社員専任講師T・R

みなさん、こんにちは。専任講師T・Rです。

最近は、大分暑さが和らいできましたね。
みなさんは、いかがお過ごしでしょうか。

さて、
現在、夏休み中の生徒も、学校が始まった生徒も、
いつも勉強お疲れ様です。

今回の夏休み期間は、
計画通りに勉強は進みましたか。
思ったように、しっかりと、できましたか。

もし、
計画通りに、思ったように出来なかった生徒の大半は、
このような理由ではないでしょうか…

「様々な誘惑(ゲームや友人との遊び等)に負けたから…。」
「今日は面倒くさいから、明日勉強しようと思ったから…。」

みなさん、考えてみてください!
このようになった理由の本質はいったい何なのでしょうか。

それは…
自分の気持ちとの葛藤に負けたからです。
(※突発的な外的要因等がありますので、全てにおいては言えませんが…)

そこで、みなさんは、
「病は気から」
という”ことわざ”を、ご存知でしょうか。

これは、
「病気は気の持ちようによって良くも悪くもなる」
という意味の”ことわざ”です。

一つの事例は、
「なんか、風邪をひきそうと感じたら、本当にひいちゃった!」
なんてことはありませんか?

または、
絶対に治らないと、医者から告げられた病気に対して、
本人は、必ず治ると強い気持ちをもち続けた結果、本当に完治した。

等々…。

これまでに、沢山の事例があります。

全てに共通して言えることは、
気持ちによって、結果は左右されやすいという事です。
(※結果が決まるということではありません。)

この言葉から、私が言いたいことは…
勉強を後回しにしがちな生徒は、
どこかで、
・どうせやっても、点数が上がらない
・勉強をやっても分からないし、楽しくない。
・勉強を今頑張ったところで、将来何になるのか。

という気持ちが、はたらいていませんか。

物事には、必ず何かの意味があると私は思います。
無意味なことはありません!

ですから、大事なことは、
その人の気持ちの持ち方一つで、行動や結果が変わる
ということです。

病は気から…。
勉強の一歩も気から…!

札幌家庭教師シニア 教務部 専任講師T・R