家庭教師シニア本部 スタッフからのメッセージ

見方を変えれば、味方に変わる!?

(カテゴリ:社員専任講師T・R

こんにちは。

みなさん、いかがお過ごしでしょうか ^o^

教務部、専任講師のT・Rです。

 

今回は、

数学の教科を、少しでも強化になれれば…

というお話をいたします。

 

これから、

面積を求める一つの解法

を、ご紹介します。

 

まずは、

下記の図をご覧ください。

 

 

上下の黒色の線は、平行線です。

この上下の間に、

赤色の△ABCの面積 = 緑色の△DBCの面積

(※底辺が共通。そして、高さも等しい)

が成立します。

 

次に、

下記の問題をやってみましょう。

 

 

 

 

 

 

ここで、

△OAB = 青色△赤色△

となりますが、

 

そうすると、

青色△の面積 と 色△の面積 と 青色△ 赤色△ の面積

3回を、計算しなくてはいけません。

 

そこで、最初(上記の)に、

紹介した内容を利用すると…

 

 

①点Aと点Bに、自分(定規を使って)で、y軸と平行な線を引く

青色△ と 赤色△ の共通だった底辺を、新しく出来る2つの 黄色△ の底辺にする

③点Aと点Bを、x軸まで下げる

青色△の面積赤色△の面積黄色△の面積   

 

となります!

 

最初に求めたやり方と比べて、

計算が、

 

・最初のやり方 → 3回

・最後のやり方 → 1回

 

となりますので、

単純に、問題時間だって、3分の1になります。

 

この考え方を、 等積変形 と言います。

 

このように、

一つの見方(視点)だけではなく、

あらゆる方向からの見方(視点)をもつことで、

内容が変わることがあります。

 

これは、勉強以外でもそうです!

 

みなさん、

見方を変えれば、味方に変わる!」   ですね ^o^

 

 

札幌家庭教師シニア  教務部 専任講師 T・R