入試の傾向と対策(北嶺中学校)

受験情報

北嶺中学校

〒004-0839
札幌市清田区真栄448-1
TEL:011-883-4651/ FAX:011-884-1616
アクセス
・地下鉄大谷地駅(東西線)、福住駅(東豊線)から、タクシーで20分。
・地下鉄福住駅から中央バス、アンデルセン福祉村1丁目下車、徒歩10分。
・登下校時には、地下鉄東西線、南北線、東豊線方面にスクールバスが運行されています。

特色

北海道内では最難関の私立中学校で、高校からの募集をしない完全な中高一貫の男子校です。学校法人希望学園が運営し、札幌第一高校とは兄弟校となります。
毎年、難関の国公立大学や医学部医学科に多くの合格者を出し、全国的にも知名度の高い中高一貫校です。
因みに、第28期(2018年度卒業)までの総卒業生3012名に対し、東京大学208名、医学部医学科928名の合格者を輩出しています。
授業内容としては、公立中学・高校の英語・国語・数学6年分の授業を5年生で終え、最後の1年間を全て大学受験に費やすことができます。
また、小人数制であるため、生徒の個別指導が可能となり、塾や予備校に通わなくても十分大学受験に対応可能となっています。
さらに、週6日制の50分授業を維持し、授業時間数は中学3年間だけで、公立の1.6倍となり、学力の充実が図られています。

2021年度 募集要項

定員 出願期間 試験日 合格発表
120名 11/27(金)~12/21(月) 1/8(金) 1/11(月)
  • ※受験料は20,000円

試験内容

科目 国語 算数 理科 社会 合計
得点 120 120 80 80 400
  • ※試験時間は国語と算数が各60分、社会と理科が各40分。

近年の入試状況

年度 受験者数 合格者数 入学者数 合格者
平均点
合格者
最低点
合格者平均
道コンSS
2018 691 510 128(49) 267.3 209 67.0
2019 935 667 129(54) 254.9 202 65.6
2020 1052 835 145 259.2 190 66.0
  • ※( )内は青雲寮への入寮数。

合格者平均点(上段)と受験者平均点(下段)

年度 国語 算数 理科 社会 合計
2018 73.5
68.8
94.0
83.0
47.4
41.9
50.9
45.5
267.3
241.6
2019 61.2
56.7
83.9
75.9
57.6
51.8
51.6
45.6
254.9
232.1
2020 77.0
73.9
最高点 104
79.2
71.2
最高点 120
52,6
49.0
最高点 80
46.8
42.4
最高点 72
259.2
241.0
最高点 349
  • ※国語120点、算数120点、理科80点、社会80点、合計400点。

諸費用(2021年度より)

入学金(事務手数料込み) 303,000円
月額の費用(授業料込み) 46,400円

青雲寮コース

入寮施設費(入寮時のみ) 100,000円
月額の寮費(諸経費込み) 84,000円

2019年度の主な大学合格実績

道外の国公立大学 道外の私立大学 道内の国公立大学 道内の私立大学
東京大学   9名
京都大学   1名
九州大学   1名
防衛大学  14名
防衛医科大 10名
早稲田大学  9名
慶應義塾大  9名
東京理科大 16名
中央大学  17名
法政大学   7名
北海道大学 31名
札幌医科大 17名
旭川医科大  1名
小樽商科大  2名
室蘭工業大  2名
北海学園大  13名
北海道医療大 23名
北海道科学大  6名
  • ※現役・浪人の合計です

2020年度の主な大学合格実績

道外の国公立大学 道外の私立大学 道内の国公立大学 道内の私立大学
東大   17名(理三2)
一橋大   2名
東北大   4名(医2)
防衛医科大 9名
名古屋大  1名
早稲田大  13名
慶應義塾大  6名(医2)
東京理科大 28名
中央大   27名
明治大   11名
北海道大  31名(医5)
札幌医大  17名(医16)
旭川医大   2名(医2)
北海道教育大 2名
室蘭工業大  7名
北海学園大  6名
北海道科学大 6名
北海道医療大 2名
  • ※現役・浪人の合計です

以上、シニア調べ

お気軽にご相談ください。お電話お待ちしております。
各種お問い合わせ(日祝除く10~21時)
0120-973-595

入試の傾向と対策

やはり、国語と算数の配点が高い以上、この2教科にはしっかり取り組む必要があります。

国語

大問は、小説、随筆、説明文の3問で構成されています。本文・設問ともにレベルが高く、長い文章を読み慣れているかどうかが試されます。記述問題が多く、本文中から素早く正確に答えの根拠となる情報をつかみ、まとめられるかが攻略のカギとなります。指示語の内容をまとめて説明させる記述式の問題が多く出題されるのも特徴といえます。また、慣用句、接続詞の穴埋めがあるので、早い段階から国語の知識を仕入れておくことをオススメします。
過去問の演習はもちろん、レベルの高い問題集をやりこみ、記述の練習や読み取りの練習を積み重ねておくことが必要といえます。

算数

小問集合が2題、整数・図形・規則性等その他が1題ずつとなっています。計算は小数や分数などの混じった計算が4題程度出題されますが、真正面から計算するとミスを招くこととなる問題が多く、工夫する計算が求められます。
整数の問題は中学入試対策のテキストをしっかりとこなしておき、難易度が高い問題に備えましょう。
図形の問題はしっかりと問題を読み、かみ砕く力や、高い空間把握能力が求められます。過去問演習や、類似の問題に触れておくことが大切です。
その他、高い読解力が求められる問題が数多く出題され、規則性や場合の数、数列などにおいてかなりの難問も増えています。
小問集合以外の問題は、前の設問が次の問いの前提やヒントとなることが多く、間違えるとその後の問題にも影響するように構成されているようです。設問を丁寧に読むこと、計算を的確に行うこと、条件を見失わないことを心がけ、難易度の高いテキストに取り掛かってもらいたいと思います。

社会

地理と歴史が全体8割ほどを占め、残りは時事問題が中心となっています。漢字指定などの条件が多いのが特徴で、答えとなる漢字を正確に覚えているか(=語句を漢字で書く練習をしているか)が正答への必要条件となるでしょう。
地理は、世界地理、日本地理ともに各国・各都道府県の名産品や都市名などを広く細かくフォローできているかが見られます。
歴史は中学内容のものからの出題が圧倒的に多く、教科書レベルの問題に取り組んでいるだけでは対策になりません。中学生用の参考書や問題集を使用した対策が求められます。
公民は時事問題が中心ですが、これも歴史と同様に中学内容のものが多く見受けられます。また、記述の問題が出題されていますが、「人に伝わるように書く」ことが求められます。
全般的に、中学~高校内容のテストのおもむきがあり、過去問と同時に中学生内容の参考書に取り組むことが必要となります。また、時事問題対策として新聞やテレビなどのチェックも欠かさないようにしておきましょう。

理科

物理・化学・生物・地学がほぼ同じ割合で出題されます。全体の分野を通して計算が多く、また文章を読んだ上で式をつくる問題が数多く見られます。限られた時間の中で文章の内容を把握する高い読解力が求められます。
また、2019年度の問題では有機ELのアルファベット部分を答えさせる問いも出題されていることから、日頃より科学ニュースに関心を寄せておくことも不可欠です。
物理分野は、様々な題材から出題されており、中学範囲の音、力などの運動の単元からの出題も見られます(2019年度は音について出題されました)。化学は気体、水溶液、ものの燃え方などから出題され、グラフへ記入させる問いも出されています。
生物は、動物、植物の体の働き、および昆虫についての出題が多く見受けられます。前述のように、計算問題も出題される可能性があります。地学は、大地・天体・天気がバランスよく出題されています。2019年度は天体についての出題でした。
全体を通して文章の情報量が多く、高い読解力は欠かせません。中学受験用の教材を使用し、計算力の向上と問題に対する読解力向上に努めましょう。

教務部より
アドバイス

道内最難関の中高一貫校ということもあり、全体を通して、読解力・計算力・思考力・記述力…と、総合的な力が高い次元で求められる試験内容となっています。教科ごとに必要な参考書・テキストを吟味し、綿密に計画を立てて学習に臨むことが求められます。また、日ごろから時事問題に関心を寄せ、ニュース・新聞などで世の中の出来事をたどっておきましょう。

お気軽にご相談ください。お電話お待ちしております。
各種お問い合わせ(日祝除く10~21時)
0120-973-595