入試の傾向と対策(札幌日本大学中学校)

受験情報

札幌日本大学中学校

〒061-1103
北広島市虹が丘5丁目7番1号
TEL:011-375-5311/ FAX:011-375-2646
アクセス:
JR上野幌駅から徒歩8分
スクールバスが3経路で運行
地下鉄大谷地駅からスクールバス

特色

札幌日本大学中学校は、日本大学の付属校として、平成15年に開校しました。
平成29年度の入学試験から、東大、京大、医学部を目指すスーパーアクティブコース(SAコース)と、北大、東北大などの旧帝大、難関国公立大、難関私立大を目指すアクティブコース(Aコース)を導入しています。
このコース制導入により、今まで以上に生徒一人一人の目標にあった教科指導が可能となっています。
いずれのコースも、高校2年生までに高等学校教育内容の履修を終わらせ、高校3年生からは大学入試対策が実施されます。

2021年度 募集要領

スーパーアクティブコース(SAコース)2021年度 募集要領

定員 出願期間 試験日 合格発表
30名 12/13~12/27 A日程 1/7
特待入試(4教科型)
一般入試(4教科型)
A日程 1/7発表
B日程 1/9
一般入試(4教科型・総合学力型の選択)
B日程 1/11発表
  • ※特待生20名
  • ※受験料は20,000円

アクティブコース(Aコース)2021年度 募集要領

定員 出願期間 試験日 合格発表
75名 12/13~12/27 A日程 1/7
一般入試(4教科型)
A日程 1/7発表
B日程 1/9
一般入試(4教科型・総合学力型の選択)
B日程 1/11発表
  • ※受験料は20,000円

試験内容

4教科型(1/7・1/9)

入試科目 国語 算数 理科 社会 合計
配点 120点 120点 80点 80点 400点
  • ※試験時間は、国語と算数が各60分、理科と社会が各40分。

総合学力型(1/9)

入試科目 国語・社会分野 算数・理科分野 面接(生徒と保護者)
配点 150点 150点 総合得点の1割程度
  • ※試験時間は各分野60分で、面接は10分程度。
  • 専願出願、英語出願が認められた場合は、20点~30点が加算されます。

近年の入試状況

年度 受験者数 合格者数 入学者数 合格者平均点(得点率) 合格者平均道コンSS
2017 292名 234名 84名   SAコース64.7
  Aコース58.8
2018 307名 243名 79名   SAコース65.5
  Aコース59.3
2019 388名 318名 101名 SAコース4教科型 274.0点(68.5%)
Aコース4教科型 193.1点(48.3%)
SAコース67.4
  Aコース60.6
2020 496名 349名 92名   SAコース65.8
  Aコース59.6
  • ※受験者数・合格者数・入学者数は、SA・Aコース合計です

諸費用

入学手続きの費用 月学の費用(授業料込み)
280,000円 43,400円
  • ※変更の可能性があります。

2019年度の主な合格実績(一貫生以外も含む現役・浪人の合計)

国公立大学には85名が合格しています。

道内の国公立大学 道内の私立大学 道外の国公立大学 道外の私立大学
北海道大学   9名
北海道教育大 10名
小樽商科大学  6名
札幌医科大 3名(2)
旭川医科大 1名(1)
北海学園大学 46名
北星学園大学 17名
北海道科学大 42名
北海道医療大 20名
藤女子大学  13名
筑波大学   2名
横浜国立大  2名
電気通信大学 2名
東京工業大学 1名
お茶の水女子 1名
日本大 104名(2)
早稲田大学   3名
慶應義塾大   1名
法政大学   12名
中央大学   10名
  • ※( )内は医学部医学科

2020年度の主な大学合格実績(一貫以外も含む現役・浪人の合計)

国公立大学には96名、医学部医学科には5名合格しています。

道内の国公立大学 道内の私立大学 道外の国公立大学 道外の私立大学
北海道大学  12名
札幌医科大   4名(3)
北海道教育大 15名
小樽商科大学  9名
室蘭工業大学  7名
北海学園大  49名
北星学園大  26名
藤女子大学  26名
北海道医療大 37名
北海道科学大 31名
東北大学   3名
名古屋大学  2名
群馬大学   1名(1)
電気通信大学 2名
弘前大学   4名
慶應義塾大学 4名
早稲田大学  1名
法政大学   9名
中央大学   8名
青山学院大学 6名
  • ※( )内は医学部医学科

以上、シニア調べ

お気軽にご相談ください。お電話お待ちしております。
各種お問い合わせ(日祝除く10~21時)
0120-973-595

入試の傾向と対策

4教科型で受験する場合、国語と算数の配点が高いので、やはりこの2教科には特に力を入れて取り組む必要があります。

国語

毎年、小説文と説明文が出題されています。本文の内容は難しくありませんが、設問が選択、書き抜き、記述、漢字・語句、グラフの読み取りと幅広く出題されるのが特徴です。日大札幌の過去問演習だけではなく、その他の中高一貫校の過去問やテキスト・参考書を使った問題演習を積み重ねておくことが必要になるでしょう。

算数

大問1で小問集合が出題されます。もっとも出題率が高いのが文章題で、難易度の幅があるのが特徴です。その中心となるのは割合と速さの問題です。図形の問題に関しては、面積比を使った問題、立体の体積を求める問題も出題されています。
全体的に、広い範囲で、なおかつ難易度の幅がある問題構成といえます。まずは中学受験対策のテキストや参考書を使って苦手分野の克服を行い、次に図形・文章題対策として、応用問題の解き方のパターン練習を重ねましょう。

社会

全体的に見て歴史の出題が多く、次に地理、公民、そして時事問題と続きます。全分野を通して中学校の内容が出題される傾向にあるため、他教科と同じく中学受験対策のテキストを使い、知識を定着させましょう。
歴史分野では近現代史の問題が多くみられるため、苦手としている人は注意が必要です。
地理は各都道府県の人口、面積、気候などのデータから出題される傾向があります。都道府県別のデータ、特産品、都市名を整理しておく必要があります。
公民は人権・国会・内閣からの出題がメインとなります。時事問題も絡めた問題もあります。

理科

物理・化学・生物・地学の4分野がバランスよく出題されています。難易度は標準~難までと考えてよいでしょう。出題される問題は中学入試特有の問題なので、まずは中学受験対策のテキスト・参考書を用いて演習して問題に慣れ、次第に同じパターンの問題に挑戦するようにしましょう。
物理は電流とてこがほぼ毎年出題されています。振り子に関する問題も出題されます。
化学は気体や水溶液に関する問題が多く、反応の質量比の計算練習が必要となります。
生物は植物・動物が、地学は天気天体がよく出題されています。

●総合学力試験

日大中入試では、4教科入試とは別の日程で総合学力入試が行われています。適性検査型となっており、総合学力A、総合学力Bの二つの科目を受験します。どちらも4~5題の大問が出題されます。

総合学力A

国語・社会の内容を扱った試験科目です。本文に加え図や表・グラフを読み取り、その内容に基づく記述式の問題が中心となっています。

総合学力B

算数・理科の内容を扱った試験科目です。ただ答えを書くのではなく、答えの求め方や考え方を記述させる問題が多いのが特徴です。

教務部より
アドバイス

4教科型入試

問題の種類・難易度ともに幅広い出題が予想され、なおかつ配点が他の教科よりも高い国語と算数から対策するのが良いでしょう。やみくもに学習するのではなく、苦手分野を集中的に学習するのがベターです。慣れてきたら、類似問題や他の学校の入試問題にもチャレンジし、実力を上げていきましょう。理科と社会はある程度出題の傾向がはっきりとしているので、その傾向に沿った学習を進めていきましょう。

総合学力入試

4教科型とは違い、国算社理の教科の枠を超えた、思考力・判断力・表現力が問われる問題が出題されます。まず鍛えるべきは表現力、すなわち記述力でしょう。テキスト・参考書を使い、データや文章から読み取り、まとめる練習を行うのがオススメです。十分な記述力がついたと判断した後に、適性検査対策の問題集に手を付けるようにしましょう。

お気軽にご相談ください。お電話お待ちしております。
各種お問い合わせ(日祝除く10~21時)
0120-973-595