医学部受験

医学部受験のための家庭教師 シニアの医学部受験のための家庭教師をご紹介します。

家庭教師シニアでは、札幌市内近郊の医学部を目指しているご家庭から、以下のようなご相談をいただきます。

  • 国公立の医学部を目指していますが、数学の点数をアップさせないと・・・
  • 医学部入試に向け英語の長文読解・英作で得点できず苦戦しています
  • 医学部合格のための、しっかりとした学力を今から身につけさせたいのですが・・・
  • 指導力のある北大医学部生に指導して欲しいのですが・・・などなど

家庭教師シニアでは、北大医学部生、札医大生、専任家庭教師のなかでも、医学部受験に対応できる厳選された家庭教師が、それぞれの生徒の個別の学習状況にあわせたきめ細かな指導を行います。

家庭教師シニアが医学部受験生の指導において大切にしていること

確かに、どの大学の医学部も狭き門であり、合格のためには相当の学力が求められます。

しかし、そこで求められるは難問ばかりを解く学力ではなく、各教科の基礎・基本、その基礎・基本をきちんと使いこなせる能力です。

  • 家庭教師シニアでは、各教科の徹底した基礎基本の正確な理解を積み重ねていくことが、医学部合格にとって何より大切だと考えています。
  • また、医学部受験にとって、苦手教科をつくることはきわめて不利となります。
    家庭教師シニアでは、生徒の苦手教科、あるいは、生徒自身が気づいていない苦手分野にも光をあて、しっかり時間をとって克服していきます。
  • さらに、医学部受験ともなれば、なぜドクターなのかという本人のしっかりとした自覚が必要であると共に、その難易度からして、一般の大学受験以上に生徒には相当な重圧となります。
    学習の進め方、模試対策、悩み事などにも適切なアドバイスを行い、時には褒め励まし、時には厳しく、指導を進めていきます。

家庭教師シニアの医学部受験対策

シニアの医学部受験対策としては、厳選された家庭教師が、

  • 基礎基本の徹底理解
  • 理解知識の正確性
  • 基本からの思考力・応用力
  • 記述力・解答力
  • 処理力・スピード力
  • ケアレスミスの徹底克服

などを各教科に応じて個別に指導していきます。

医学部受験 指導例(1) 札幌市 私立中学生Sさん

札幌市近郊の私立中学2年生女子のお母様からのご相談・・・

  • 本人は学年1番を目指して頑張っていますが、なかなか継続して1番にはなれません。将来、医学部進学の目標があり、学習意欲も高い子なので、親としては、しっかりした学力を身につけて目標を達成して欲しいと思っています。現役の医学部の家庭教師で良い方がいればお願いしたいと思います。

【シニアの取り組み】真の学力を身につけるための指導

札幌市内の中高一貫校出身の北海道大学医学部医学科の家庭教師(講師)選考し、生徒の状況説明、数学をメインとした真の学力を身につけることなどの指導方針の説明・打ち合わせを行い、私立中学2年生の10月から指導をスタートしました(教室指導)。
家庭教師の指導報告書からは、長期的な視点からの指導、一緒に取り組む姿勢、生徒への適切なアドバイスなどがうかがえます。

家庭教師指導報告書から

教務部 学年1番は、何回か取っています。現在、指導中の医学部生も、自分の同じ学年の時よりも、力は上だと評価しています。
学年1番は、何回か取っています。ただ、継続してとまではいってないようです。力は、本当についてきています。このままいけば、どこの大学、学部にも入れると思います。現在、指導中の医学部生も、自分の同じ学年の時よりも、力は上だと評価しています。

医学部受験 指導例(2) 札幌市 私立中学生Mくん

札幌市内の私立中学2年生男子のお母様からのご相談・・・

  • 将来は、北大医学部を考えています。定期テストにおいて点数が一定せず、科目によってもバラツキがあります。数学の指導をメインに家庭教師を検討しています。

【シニアの取り組み】学年トップクラスに向けて

数学の指導に定評のある同じ私立中学出身の、北海道大学医学部の大学生家庭教師を選考し、生徒の状況説明、演習を多く取り入れた数学をメインとした指導方針の説明・打ち合わせを行い、私立中学3年生から指導を開始しました(教室指導)。

家庭教師の指導報告書には、演習を取り入れた熱心な指導の状況、生徒への期待、学年トップに向けた取り組み方などが記載されています。

家庭教師指導報告書から

教務部 数学については高いレベルに達しています。
問題演習が功を奏し、数学については高いレベルに達しています。英語についても、特別心配のない状態です。定期テスト前は、シニアの教室に来て真剣にテスト対策に取り組んでいます(自習)。ただ、もったいないミスが見受けられるので、今後は、その克服が課題です。

医学部受験 指導例(3) 札幌市 私立中学生Aさん

札幌市内の私立中学に合格した小学6年生女子のお母様からのご相談・・・

  • 私立中学に合格しましたが、入学までの課題が多く、難易度の高い問題も見受けられます。分からないところを丁寧に解説してくれる方(家庭教師)にお願いしたいと思います。将来は、医学部受験を考えています。

【シニアの取り組み】私立中学での定期テストを目安にした対策

理数系に強い北海道大学医学部医学科の大学生家庭教師(講師)を選考し、生徒の状況説明、中学校からの課題の取り組み、今後の数学を中心とした指導方針の説明・打ち合わせを行い、私立中学合格直後の2月から指導をスタートしました(教室指導)。
家庭教師の指導報告書からは、演習を多く取り入れた指導方法と、家庭教師の丁寧でわかりやすい解説によって、生徒がスキルアップしていく様子がうかがえます。

家庭教師指導報告書から

保護者様 本人はS先生の教え方がとてもわかりやすいと言っています。
学校からの宿題、課題に追われていたので、大変助かっています。先日の定期テストでは、幾何、代数ともにとても良い結果が残せました。本人はS先生の教え方がとてもわかりやすいと言っています。ただ、本人には、自信過剰な面があり、また、ケアレスミスも目立つので、その辺りを気に留めていただきながら、今後の指導をよろしくお願いします。
教務部 期末テストでは、幾何、代数ともにクラスで上位の点を取っています(幾何は2番)。
私立中学2年生の秋の期末テストでは、幾何、代数ともにクラスで上位の点を取っています(幾何は2番)。家庭教師の解説が、生徒にはとても分かりやすいようです。

医学部受験 保護者・生徒の声 札幌市 私立中学3年生K君

保護者様 先生との出会いに感謝しております。
どんどんひどくなる反抗期と、中だるみのせいか中2に入ってからほとんど勉強もしなくなり成績が下がっていたため、塾か家庭教師をつけようと検討していました。
Y先生は年齢の割にとてもしっかりとしていて、人柄も大変良いので息子も信頼している様子で、恥ずかしい点数を取りたくないと思い始めたようです。勉強時間も少し増え、生活態度も気のせいか少し良くなってきたようで、試してみてよかったと、先生との出会いに感謝しております。これからもよろしくお願い致します。
生徒様 この調子で順位を上げていきたいです。
4年になったらクラスを成績で分けられるので、3年の勉強は頑張ろうと思ったからです。特に数学はケアレスが多いし、嫌いではないけどあまり得意ではなかったので今からでも頑張って点数を上げようと思いました。
Y先生は教え方も上手くて、優しいのですばらしい先生だと思います。教えてもらってから勉強時間も少しのびたし、この調子で順位を上げていきたいです。
これからもよろしくお願いします。
教務部 7月上旬の前期期末試験では、総合順位で学年20位内に入っています。
4月から北大医学部生が担当しています。5月の前期中間試験は真ん中くらいの順位でしたが、7月上旬の前期期末試験では、総合順位で学年20位内に入っています。

医学部受験 生徒の声

  • わからないところをすぐに解決
    予備校に通っていますが、予備校では、わからないところをすぐに解決できないので、1対1の指導をお願いすることにしました。例題をあげて分かりやすく解説してくれること、自分にあった勉強方法を提案してくれるなど、来年度の受験に向けてとても役に立っています。(札幌市内の予備校に通うKくん)

  • 本質からと目標は高く(数学の点数アップ)
    僕は、今回の数学のテストで成功した理由を振り返って見ると、大きく2つのことが思い出されます。
    1つは、勉強法を変えてみたことです。具体的に言うと、今までの勉強法から、「本質」を極める勉強法に変えました。この「本質」を極める勉強法というのは、わかりやすく言いかえれば、その単元の伝えたいことを根本的に解決するということです。僕の今までの勉強法というのは、問題集をただひたすらやるというものでした。このような勉強法は一見効率的に見えますが、本当は違います。問題集をひたすらやっていると、確かに問題は解けるようになります。しかし、それはあくまで、その問題だけが解けるようになっただけで、全く違う解き方をする問題に直面した時、絶対に解けなくなってしまします。それに比べて、「本質」を極める勉強法は、かなり優れています。なぜなら、本質を極める、つまり、その単元の伝えたいことを根本的に理解すると、その単元に関連する問題なら、考え方が共通する部分が必ずあるので、そこを崩して解いていくことが出来るようになります。
    2つ目は、自分の点数目標を、低く設定しないことです。目標は、常に8割や9割ではなく、満点にします。8割や9割だと、残りの2割や1割を落とすつもりで勉強しているのと同じことです。満点は無理だと思うかもしれませんが、満点をとるには、自分のベストを尽くせばいいだけのことです。
    この2つのことをやるだけで、今まで120人中90位くらいだった僕は、30位くらいまで順位を上げることができました。僕が、このようになるきっかけを与えてくれたのは、シニアの先生だと思っています。 (札幌市内の私立中学3年生 S君)

医学部受験 よくあるご質問

札幌市内の中高一貫校の高校1年生で、道内の医学部を志望しています。数学と国語に関しては、定期テストで30番内をキープしていますが、英語はいつも真ん中くらいで、英語で順位を落としています。北大の医学部生で、英語指導のできる家庭教師はいますか。(札幌市内の中高一貫校高校1年生のお父様から)
家庭教師シニアには、北大医学部の大学生で英語指導に実績のある家庭教師が在籍しています。得点できない分野を明確にして対策を立てていきます。まだ、高校1年生ということですので、時間をかけてしっかり取り組んでいきます。
札幌市近郊の私立中学に通っていますが、数学の代数の方はまあまあですが、幾何の方がよくありません。将来は北大医学部を受験したいと思っています。体系数学の教科書に基づいて指導していただける家庭教師はいらっしゃいますか。(札幌市内の私立中学2年生のお母様から)
家庭教師シニアには、体系数学を使用した数学指導に定評のある家庭教師が在籍しています。
北大医学部ということであれば、目先のテスト点数も、もちろん大切ですが、数学における論理的な思考力、展開力、記述力をしっかり養っていくスタンスで取り組むことが、より大切です。
現在、2浪目で、札幌市内の大手予備校に通っています。各科目の不安なところ、苦手なところを指導してもらえますか。因みに、今年のセンター試験では、英語と国語で失敗してしまいました。(札幌市内の医学部受験生本人から)
家庭教師シニアでは、予備校に通いながら、シニアの教室で不安教科の指導を受けている医学部受験生がいます。苦手な教科・単元、不安な教科・単元があれば、それだけで大学受験にとって悪影響を及ぼします。早めの対策、克服をおすすめします。
現在、札幌市内の私立中学の1年生です。本人は将来医学部へ進学したいと言っており、親としても、地元の北大か札幌医科大学に進学してくれたらと思っています。塾も考えましたが、医学部の現役の大学生で人間性にも優れた方がいらっしゃれば、本人にも良い影響力があるのではないかと思っています。そんな方を派遣していただくことは可能でしょうか。
家庭教師シニアには、指導力はもちろん、人間性にも優れた家庭教師が在籍しています。
私立中高一貫校の場合、中学校での授業を大切にしながら、家庭教師との人間的なふれあいを通じて各科目の理解を深めていくことで、真の学力が身についてくると思います。信頼できる良い家庭教師を派遣します。
お気軽にご相談ください。お電話お待ちしております。
各種お問い合わせ(日祝除く10~21時)
0120-973-595