小学生・中学生 家庭教師ブログ

作業のように解くのではなく…札幌市内の中学2年生 家庭教師指導報告

(カテゴリ:中学生家庭教師指導現場からのメッセージ

札幌市西区の中学2年生の家庭教師指導報告書および家庭教師の指導報告から。

現在、北海道大学農学院の大学院生家庭教師(女性)が指導を担当しています。

生徒は、先生が来ない日も頑張っています。

 

<指導の状況>

この4回は、学校で分からなかったところを重点的に指導しました。

また、宿題として、教科書でわからなかった問題と類似した問題を作成し、理解が深められるように指導しました。

 

<成果>

数をこなすことで、初めに比べて、理解を深めることができました。

基本を理解することで、応用された問題になっても、比較的早く理解することができるようになっています。

 

<生徒へ>

数をこなすと、その時はできたような気になりますが、問題の意味などをしっかり考えないと、時間が経つと解けなくなります。

作業のように解くのではなく、なぜ、そのような式になるのかなどを考えながら解きましょう。

 

計算は、なるべく1回で正解できるようになると、スピードアップにつながります。

多少、最初は時間がかかっても良いので、一発で正解できるようになることを心がけましょう。

札幌 家庭教師シニア 北海道大学農学院 大学院生家庭教師

 

<教務部より>

今回、保護者の方からコメントがありました。

『先生と勉強した後は、わかった、と喜んでいますが、いざ、一人で宿題や学校の課題をやると、あれ?ということが多いです。

問題が解けると嬉しいようですが、途中また、わからないかも、という感じで、一人で声に出しながらやっています・・・・・』

 

自宅で一人でやる時は、まだ不安があるようです。

やはりまだ、基本の徹底を図る必要があります。

指導の時に板書を使い、その板書を残してくると良いかもしれません。

少し工夫してみてください。